脱毛前処理

フレイアクリニックの脱毛前の毛抜きでの自己処理はダメ!その理由は?

毛抜き

フレイアクリニックなどの脱毛前や自己処理をするときに、カミソリでおこなうのと同じくらいしているのが毛抜きでの対応です。眉毛や脇などの処理は毛抜きで対応している人も多いのかもしれないです。

化粧ポーチにすっぽりと入ってしまい、大きさも小さく軽いので持ち歩きしやすく、いつでもどこでも毛が抜けてしまうことがメリットですが、毛抜きで処理は肌に負担をかけることになります。それはいったいなぜでしょうか。

色素沈着を起こして黒ずみの原因となる


毛抜きでの自己処理は健康な肌の状態から毛を抜くことになりますので、毛穴の周辺の肌を傷めるきっかけとなります。肌が敏感な人にとってはその刺激によって赤くなってしまったり、それが広がって炎症を起こして痛みを起こすきっかけとなります。

ヒリヒリするとはこの状態のことです。脇などは汗をかきやすく、洋服にこすれやすい部分です。炎症がそのまま黒ずみにになり、素肌が黒っぽい状態になることがあります。また、炎症がそのままカサカサな状態となり、乾燥して白っぽくなることもあります。

毛抜きで自己処理をしているのに、見た目がなかなかキレイにならない人はこの状態を起こしていることがあります。毛は抜かれているけれど周辺の肌に負担がかかっている状態でその状態だとフレイアクリニックでの脱毛は厳しいかもしれません。

開いた毛穴からばい菌が入る

毛抜きでの自己処理は、健康肌から無理やり毛を抜いた状態です、肌に穴が開いたような状態になっており、毛穴は開いたままになっています。ここで保湿の処理をしておくと少しは変わってくるのですが、開いたままにしておくと、場合によってばい菌が入って炎症を起こして、膿ができるようなニキビのような状態になることがあります。

毛穴は余分な皮脂や汗が溜まりやすく、清潔にしておかないと汚れが溜まっていきます。毛穴が詰まってぶつぶつができるような状態になってしまうのです。

毛穴はひとつではなく毛を抜いた分いくつもある状態ですので、ぶつぶつは広がっていき汚く見えてしまいます。ここまでくると自力では治すことが難しくなってしまいますので、皮膚科の受診を検討してもよいかもしれないです。回復は遅くなりますので、その間に自己処理はできません。

毛が太くなったり二本生えてきたりします

毛抜きでの自己処理で無理やり毛を抜いた肌は毛穴が大きい状態になっています。そこにまた健康な毛が生えようとしますので、必然的に太くて丈夫な毛が生えてきます。この状態が毛が太くなって濃くなってしまった状態です。

また毛穴は稀に二本毛が生えることがあり、開いた大きい毛穴から二本毛が生えることがあります。抜いた白髪が増えてきてしまうように感じるのはそのためで、無理に毛を抜くと逆に毛が増えていくことがあります。

毛は退行期をむかえると自然に抜けていく仕組みとなっていきます。無理に毛抜きで抜き続けることは、これ以上毛を濃くしたくないのなら、危険な行為になります。

まとめ

毛抜きは安価で誰にでもしやすい脱毛方法です。ひげなどに使うこともあり男性にも普及してしまいます。短期的になら良いのかもしれないのですが、長期的に見たときに脱毛の方法としては良くないのかもしれません。自己処理での脱毛は毛に負担をかけないような電気シェーバーや、フレイアクリニックでプロにしてもらうことがキレイに仕上がる近道といえます。

眉毛など毛が生えてこなくなり良かったと思う反面、確実に周囲の肌は傷ついていますので、長くしつづけることは注意が必要になってきます。どうしても困ったときや緊急の場合の対応のみと考えたほうが良さそうです。

本来のサロンに通っているのなら、傷つけることで処理ができなくなってしまったり、無駄な時間を過ごすこととなります。