脱毛

フレイアクリニックと家庭脱毛器を比較してみた

フレイアクリニックで脱毛をするより、家庭用脱毛器で脱毛した方がいいのでは?と思う人もいませんか?ここでは家庭脱毛器とフレイアクリニックのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

フレイアクリニックのメリット

フレイアクリニックと家庭脱毛機に比べたメリットは、届かない背中などの脱毛をしてもらえ計21箇所脱毛できます。また肌トラブルがおきても専門の医師がいるので安心ですよ!

またほかのクリニックでは施術ができなくなった時に事前に連絡をしないとキャンセル料や1回分の回数を消化されるところも多数ありますが、フレイアクリニックでは当日キャンセルが無料でできます。

フレイアクリニックでは仕事で忙しい人のために平日は21時まで営業しており駅近で完全個室制でおすすめですよ。

フレイアクリニックのデメリット

  • VIO脱毛×
  • 顔脱毛×
  • うなじ脱毛×

フレイアクリニックのデメリットVIO・顔・うなじなどの脱毛は行ってもらえません。

家庭脱毛器のメリット

家庭脱毛器のメリット
家庭脱毛器とフレイアクリニックを比較したメリットをここではご紹介いたします。

好きな時にいつでも脱毛可能

家庭脱毛器の最大のメリットは、家にいる時にいつでも好きなタイミングで脱毛できるという点です。脱毛したい部位を少しずつ自分のペースで処理していくことができるのポイントでフレイアクリニックと比べ予約などもいりません。

また、ムダ毛が濃いから少し重点的にし脱毛して、逆にここは毛が薄くて気にならないので避けて処理していこうというように、自分の好みで脱毛を進めていくことが可能です。

恥ずかしい部位も誰にも見られずに脱毛できる

腕や脚、ワキなどは露出することに抵抗がなくても、バスト周りやVIOラインの脱毛に抵抗を感じるというかたも少なくありません。綺麗になりたいという気持ちはあっても、できる限り他者に見せたくない部位です。ですが、家庭脱毛器ならそういった気遣いは一切必要なく、誰にも内緒で脱毛することができます。

照射範囲は家庭脱毛器ごとに異なりますがフレイアクリニックでは脱毛してもらえないVIOラインや顔などあらゆる部位を可能としている全身脱毛対応の家庭用脱毛器もあり、どこをどう脱毛しようと自由です。

家庭脱毛器のデメリット

家庭脱毛器のデメリット

処理頻度を増やさないと効果がない

脱毛サロンやクリニックでは2ヶ月や3ヶ月ごとの施術になりますが、家庭脱毛器は業務用よりも威力が低くなり、その分こまめにケアをしていかなければ脱毛効果を得にくいという欠点があります。

2週間に1回、ムダ毛が少なくなってきたら1ヶ月に1回程度の頻度が望ましくなりますが、VIOラインやワキのような濃い部分は何度も重ねて照射しなければ、なかなかムダ毛が減らないでしょう。続けていく根気が必要です。

肌トラブルが起こっても自己責任

照射をする際には高熱を発します。きちんと冷やしながら施術を行っていかなければ皮膚が赤くなったり、火傷になってしまうケースもあるので気をつけましょう。

しかし、どんなトラブルが起ころうと使いかたを誤った自身の責任になりますから、くれぐれも様子見しながら慎重に取り扱っていく必要があります。事前の準備やアフターケアを怠ってはいけません。

家庭脱毛器を便利に活用していこう

家庭脱毛器を便利に活用していこう
家庭脱毛器を自己責任で取り扱う必要はあるもの。しかしフレイアクリニックも家庭脱毛器も忙しいかたにとって便利であることに違いありません。家庭脱毛器では背中など手が届かない場所をフレイアクリニックで脱毛してもらうなどをおこなうのもおすすめですよ!