脱毛

脱毛と毛周期のメカニズム

ムダ毛の処理が面倒になったら、脱毛サロンやフレイアクリニックに脱毛に通うことを考えます。この際、時間がある時にまとめて通って一気に処理をしたいと思っているのに2ヶ月、3ヶ月ごとに期間を空けて通う必要があることを知り、疑問を感じるかたも少なくないでしょう。実は施術を受ける際に重要となる、毛周期との深い関わりがあるのでここでは毛周期についてご紹介いたします。

一定リズムで生え変わる体毛

一定リズムで生え変わる体毛
体毛は生えてきたらずっと生えっぱなしというわけではありません。それは髪の毛が抜けたり伸びたりすることからも自覚するでしょうし、剃ったり抜いたりムダ毛を自己処理していれば、いつまでもツルツルの状態をキープできないことから実感します。

体毛は新しく生えてきて伸び続ける成長期、成長期を終え抜け落ちるまでの退行期、抜けた後に新たに生えてくるまでの休止期という状態ごとに分けられ、これを毛周期と呼んでいるのです。

毛周期は1本ごとにバラバラ

毛周期は1本ごとにバラバラ
全ての体毛が一斉に成長期に入り、退行期を迎えるわけではありません。
1本ごとにそのリズムが異なりますので、何もしない状態だと体毛が一時的に極端に少なくなったり増えることがないのです。
ただし、何らかの原因で毛周期のリズムが乱れると、休止期が伸びて成長期が短くなることで頭が禿げるといった変化が見られるようになります。

脱毛機器は成長期のムダ毛に作用する

脱毛機器は成長期のムダ毛に作用する
光やフレイクリニックでも行っているレーザーを利用した、昨今幅広く利用されている脱毛機器は、毛根にダメージを与えることで生えてくる力を奪うというアプローチを行っています。ただ、照射を行ったとしても効果を得られるのは成長期にあるムダ毛に限られてしまうのです。

光は黒い色に作用する性質で、休止期でムダ毛そのものが生えていなければ反応しようがありませんし、抜け落ちるのを待つだけの退行期のムダ毛は何もしなくても抜けていきます。

ですから、脱毛したい範囲のムダ毛が成長期に来るタイミングで満遍なく施術できるように、毛周期を考慮した上で一定の間隔を置いて照射を行わなければなりません。

この期間が大体2ヶ月から3ヶ月ほどであることから、脱毛サロンやフレイアクリニックでは時間をかけて少しずつ施術を行うようにしています。

フレイアクリニックで間隔を守って施術を受けることが大切

間隔を守って施術を受けることが大切
脱毛をするためには毛周期の間隔を意識しながら、2ヶ月から3ヶ月ごとという期間を守って施術を受け続けることで効率よく効果を出すことが可能です。

もしズレてしまった場合、照射範囲全体のムダ毛がバランスよく成長期に来るタイミングで照射できないことになるので、いつまでも毛が残ってしまうことが考えられます。

そのため、予約の取りやすさを考慮して、予定通りに施術が受けられるフレイアクリニックを選ぶというのも重要なポイントです。

毛周期を考えてフレイアクリニックで脱毛をしよう

毛周期を考えて脱毛をしよう
毛周期は部位ごとにも違いがありますが、平均すると2ヶ月から3ヶ月になりその周期応じて、多くの脱毛サロンやフレイアクリニックで脱毛を行っています。

肌に負担をかけず、安全に施術ができるタイミングでもあるので、意識をして脱毛を続けていきましょう。