脱毛前処理

フレイアクリニックの脱毛前の自己処理は脱毛ワックスでも大丈夫?

フレイアクリニックで脱毛をすることになったら、施術を受ける前に自己処理をして綺麗にする必要があります。この際に、表面の毛をただ剃るだけではなく、脱毛ワックスを利用したほうがツルツルに仕上げられることもあり、利用を考えているというかたも少なくないでしょう。ですが、フレイアクリニックの施術に臨む前の脱毛ワックスは控えておかなければなりません。

脱毛のための脱毛機器を知ろう

脱毛のためのアプローチ方法を知ろう
まず、一般的な光やレーザーを用いた脱毛方法がどうやってムダ毛の再生能力を奪うのかを知ることが大切です。照射される光には、黒い色に反応をして高熱を発するという特殊な性質があります。これを肌に当てることによって、体毛を作り出す毛根や毛母細胞組織に熱を与え、その働きを弱めたり細胞組織を破壊することで脱毛をしていくのです。ただ、1回だけでは完全にその働きを0にすることができませんので10回~15回と繰り返して照射し続けなければなりません。

フレイアクリニックでは毛に熱を蓄積させる脱毛機器で、肌に機械をあて何度も滑らせるようにし、熱をじわじわ与えていく機会で、フレイアクリニックが扱っているメディオスターNext PROは痛みも少なく肌の色にかかわらず照射が可能です。

脱毛ワックスを使った事前処理は施術を無駄にしてしまう可能性が!

脱毛ワックスを使った事前処理は施術を無駄にしてしまう
何度も繰り返しダメージを与えて、最終的にムダ毛を生やす活動を休止状態に追いやるという目的を果たすためにも、ムダ毛の元になる毛根を残しておく必要があるのです。脱毛ワックスを使って事前処理を施してしまうと、肝心の毛根そのものを取り除いてしまいます。

当然、取り除いたところで時間が経てば再生してきてしまいますし、施術で光を照射しても毛根が取り除かれた後でダメージを与えられません。せっかく脱毛が無駄になります。

脱毛ワックスではなく表面のムダ毛を処理するのがポイント

脱毛ワックスではなく表面のムダ毛を処理するのがポイント
事前処理に関しては、予めカミソリやシェーバーを使って剃るように指導を受けるでしょう。これにはちゃんと理由があるのです。肌の表面だけ出ているムダ毛を処理しておくことで毛根を残すことができますし、光やレーザーが反応する黒いムダ毛を適度に露出した状態にさせておくことができます。

そうすることで、光を照射した際に効率よく熱を伝えられるようになり、毛根にダメージを与えることが可能です。しっかり作用させることができた場合、1週間から10日ほど経つとスルリと毛が抜け落ちて肌がツルツルになります。

フレイアクリニックの脱毛機器ではバルジ領域と呼ばれる部分に熱を蓄積するので問題ありませんが、脱毛ワックスが肌に合わなく肌が炎症する場合などもあるので脱毛ワックスで自己処理は避けるようにしましょう。

脱毛ワックスは一時的な処理に過ぎない

脱毛ワックスは一時的な処理に過ぎない
確かに脱毛ワックスを使うと綺麗になりますし、剃った時よりも無毛の状態を長持ちすることができるでしょう。しかし、ムダ毛を生えさせる毛根の力を失わせるわけではありませんので、時間が経てばまた生えてきてしまいます。

施術を受ける前に脱毛ワックスを利用して毛根を取り除けば施術の意味をなくしてしまうので、フレイアクリックの自己処理の方法としては適切ではないのです。この点は気をつけておきましょう。

もし心配の場合はカウンセリングの際に確認しておきましょう。

指導された通りに適切な自己処理を行おう

指導された通りに適切な自己処理を行おう
良かれと思って行った脱毛ワックスを使った自己処理で、お金をかけて通うことを決めた脱毛の効果を失わせてしまいかねません。脱毛の仕組みを詳しく理解し、カミソリやシェーバーを利用した処理に留めておくことが大切です。

フレイアクリニック 口コミもチェックしておきましょう。