脱毛前処理

埋没毛の原因と処理方法

埋没毛という言葉がありますが、これはどのような毛の状態のことをさしていて、このような状態になったときはどうしたらよいのでしょうか。またどうしたらこのような状態になるのでしょうか。

埋没毛とは肌の中に毛が埋もれている状態

毛抜きなど、何らかの脱毛方法で無理に毛を抜いた状態になったとします。毛穴は開き炎症を起こして、時には無理に引っ張りますので肌が傷ついて出血したりします。肌は出血したり負傷すると、やがて皮膚が再生しようとして薄い膜がはった状態になります。

毛は途中で切れたまま、上側に薄い膜がある状態です。毛は途中で切れいている状態ですので、表面に見えていることがなく皮膚の中に埋もれている状態になります。この状態のことを埋没毛といいます。

埋没毛の治し方

毛穴から毛が伸びて皮膚から飛び出している状態で、脱毛を一般的には行います。毛穴の奥へアプローチして自然に毛が抜けてくるのを待つのです。埋没毛は毛が皮膚の中に埋もれている状態ですので、自然にまた毛が伸びてくる状態を待つことになります。

毛が生えている肌も健康な状態でないと毛は順調な成長はしませんし、毛自体も健康でないとなかなか伸びてこない状態となります。まずは肌が負傷から回復することが必要です。

毛は育毛や薄毛のケアと同じになってきますので、健康な畑を作るための肌が乾燥しないような十分な保湿や、栄養が行きわたるように血行を良くしたり、食べ物で栄養を取ることが健康な髪を伸ばす近道になっていきます。

サロンでおこなう光脱毛やレーザー脱毛は、今生えている毛に訴えかけて、毛が抜けてくるのを待ちます。もしも毛穴の中からうまく毛を抜いてしまっても、レーザーや光脱毛のその効果は薄れてしまいます。

また、埋没毛になってしまうと、他の毛と長さも変わってきますし、はえ変わる時期も他の毛と違って、微妙に狂ってくることとなります。サロンでは毛周期に合わせながら処理をしていきますので、正確な効果が出にくくなってしまうのです。

そして毛抜きで抜いたことにより埋没毛になっているのなら、毛穴は開いた状態で周辺の肌は傷つきやすく炎症を起こしやすい状態となっています。サロンでの脱毛は強い光を当て熱を持っているので、余計に肌を傷つけることになってしまうのです。

もし埋没毛の状態になってしまったら、処理を保留にしたり時間をあけることがあります。また、サロンでの脱毛の効果は出にくい状態になってしまうことになりますので、通常の人より時間がかかってしまうこととなります。

サロンで結果を出したいなら、毛抜きでの自己処理は控えたほうが良くなってきます。

まとめ

埋没毛は主に毛抜きなどの自己処理で、毛を無理やり抜いてしまって途中で切れてしまって、その上の肌が再生する力によって肌の中に埋もれてしまった毛の状態のことを言います。毛が途中で切れている状態ですので、肌の回復を待ちながら、毛が伸びてくるのを待っていると自然に元の状態に戻ります。

しかしながらその途中で毛穴が開いている状態や周辺の肌が傷ついていることで、炎症が起こることもあります。レーザーや光脱毛はできないことはありませんが、お手入れが見送られたり期間が空いたりすることがあります。

またそのことや、十分にフレイアクリニックでの脱毛の効果を感じられなくなってしまい、通常の人より時間がかかってしまうこともあります。もしサロンでの脱毛を考えていて、結果を出したいと思っているなら、毛抜きでの脱毛を控えることが大切になってきます。正確な結果を出すために必要なことになってきます。